バイクに乗ってみたいと思った時

バイクとの出会いは15歳の時…

● 32歳 女性の場合
バイクとの出会いは15歳の時。友人のバイクKawasakiのVULCANに乗せてもらいました。
それまでは、まったくバイクに興味がなかったのですが、恐る恐る乗ってみると、風を切って走る爽快感。それから、常に危険と隣り合わせというスリル感がとても刺激的でした。

バイクについて調べてみると、色々なタイプのバイクがあって、特に興味を持ったのがタンクの色や形でした。
ただ単純に、キレイだなと感じました。
一番興味深かったのは、Harley-DavidsonのSportsterでした。
大学に合格したら、大型二輪免許を取って、ハーレーに乗るんだ!と決意し、居酒屋のバイトをしながらお金を貯めました。

しかし、実際には家族の猛反対にあい、敢え無く玉砕。結局、タイミングを逃し、現在も二輪免許は持っておらず、走り去るかっこいいバイクを目で追いかける日々です。
歳を重ねるごとにバイクに乗るんだという決意は薄れてきましたが、ハワイやオーストラリアなど観光地に行くたびに「バイクに乗れたら、かっこいいのになぁ」とあこがれ続けています。

Copyright (C)2019バイクに乗ってみたいと思った時.All rights reserved.